アルバイトの立場でカードローンを契約した場合の注意点

正社員ではなくバイトの立場でカードローンの契約を行った場合、どのようなことに注意すればいいでしょうか。まず、もっとも注意しなければならないのは借り入れる金額です。アルバイトの場合、働く気があるにもかかわらず、職場の都合で解雇されるケースが珍しくありません。なので、今の職場で将来もずっと働いているだろうという考え方でお金を借りるのは危険です。たとえば、50万円ぐらい一年働いていれば返せるだろうと思って借り入れたら、その翌月にバイトを解雇されてしまったということもあり得るわけです。よって、あくまでも実際にもらえる収入を元に借り入れる金額を決めるようにしましょう。
カードローンの借り入れ金額を制限したい場合、簡単な方法があります。それは、利用限度額を低くするということです。アルバイトであっても就労期間と収入によっては利用限度額が50万円に設定されることもあり得ます。それだと、なにかのきっかけで50万円を借りてしまうことができて危険なので、5万円程度に抑えてしまうわけです。生活費が少し足りないときや、終電を逃してタクシーで帰らないといけないといった場合でカードローンを使うことを想定しているのであれば5万円でも十分といえるでしょう。
ここでおまとめローンの審査基準を知ってみませんか?